婦人

アミノ酸が豊富なサプリメントで疲労回復できる

病気の予防に効果的です

メディシン

動脈硬化の予防になる

日本では最高血圧値が140mmHGを超えたときや、最低血圧値が90mmHGを超えたときには高血圧と呼んでいます。高血圧の症状を放置していると動脈硬化などの病気に発展する可能性があるために、血管に関連した病気の予防する意味で高血圧サプリが人気となっています。血圧の下げる効果がある成分としてサプリメントに含まれているものに、カリウムやカルシウムがあります。カリウムには体内に溜まりがちになる塩分を、尿から排出する作用があります。アリシンが含まれているサプリも高血圧対策に有効で、抗菌や殺菌作用があることで知られています。アリシンを摂取することで血栓の予防やコレステロール値を抑制できる働きがあるので、動脈硬化の予防に役立つと考えられています。アリシンはニンニクに多く含まれていますが、たくさん食べることは難しいですので、サプリメントで補給することが手軽です。

塩分の摂り過ぎに注意

高血圧に有効なサプリを飲むことで血圧を下げることが可能になりますが、食生活を見直さなければ何の意味もなくなります。食事によってコレステロール値が上がってしまったり、血圧の悪影響が出てしまうとサプリメントを服用するだけでは対応できなくなります。特に高齢者になってからも、若い時と同じ食事のメニューを続けてしまう人が要注意です。年齢と共に体は衰えていくものですので、強い味付けの食事を高齢になってからも続けていると塩分を摂りすぎてしまう危険性があります。サプリを摂取していても、塩分をたくさん食事から摂取してしまうと血圧が上がる原因になってしまいますので、サプリを飲むことと同時に食生活を見直す努力をすることが大切です。